災害とiPhone。

災害とiPhone。

災害とiPhone。


2011年3月11日に発生した東日本大震災。
それは未曽有の大災害でした。
震災が起きた直後の津波、そして千葉の石油コンビナートの火災から福島第一原発の事故、そして計画停電。
直後には都心部でも安否確認がままならず、また交通網も大混乱しました。

たまたま僕は仕事で海外にいたのですが、その時に持っていた会社貸与のDoCoMoケータイは回線が輻輳していてまったく繋がらず、日本にいる人々もさることながら同じ出張先にいる上司や同僚にすら繋がらないという状況でした。
その一方で、私用ケータイとして持っていたiPhoneは大活躍でした。厳密に言えば、iPhoneというよりもスマートフォンという小型パソコン、そしてインターネット。

今回の震災で痛感したのは、情報収集の大切さです。
現在どこで何が起こっているのかをちゃんと把握するのはもちろん、その起こっている事象はどういうことなのか、将来どうなるのかという分析や予測、またクチコミで広まった情報が真実か否か、漏洩した放射能がどの程度かなどの情報をリアルタイムで収集、理解することがその後の自分の行動、そしてその行動が及ぼす周囲への影響を大きく左右したと思います。そして、その情報収集にインターネットが大きな役割を果たしたことは周知の事実です。

僕にとってはiPhoneがその情報収集の窓口の役目を果たしました。
幸い出張先は新興国ではあるものの携帯電話網は都市部であれば概ね普及しているため、インターネットに繋がるのには苦労しませんでした。(回線速度は遅いけど)
このため、遠く離れた場所にいても東京にいる方々とほぼ同程度、もしくはそれ以上の情報量は収集できていたと思います。

その情報収集にどのようなアプリケーションが活躍したのか、僕の例を参考にご紹介したいと思います。

  1. VoIPアプリケーション; Skype, Viberなど
    まず今回の震災直後は電話がまったく繋がりませんでした。それはお正月によく見られる携帯電話会社による意図的な利用制限かもしれませんし、本当にトラフィックが輻輳してパンクしたのかもしれませんが、本当はどちらだったのか僕はよく知りません。けれどもそんな原因はさておき、とにかく繋がらなかった。
    そんな中でVoIPアプリ、つまり要はインターネットを通じて音声のやりとりをするアプリケーションであるSkype、Viberはなんの問題もなく通話できました。その上通話品質もよい。
    これらは今回のように回線が輻輳して電話が通じない場面では非常に有用なので、このどちらか、もしくは両方インストールしておくことをオススメします。
    ちなみに、SkypeとViberはユーザを識別するためのIDのつけ方が異なっており、一長一短なところがあります。
    Skypeは自分で決めたニックネームなどをIDとするため、基本的には相手の登録IDを知らないと電話を掛けることができません。(相手の電話番号を知っていれば掛けられますが、それはSkype同士の通話にはならないので有料になってしまいます。)ただそれ故、端末を問わないのがSkypeの特長です。iPhoneでもAndroidでもパソコンでも、自分のIDでサービスにログインすればそれが自分の電話になります。
    一方Viberは自分の電話番号をIDとするため、相手の電話番号を知っていさえすれば(そして相手もViberをインストールしていれば)、すぐに無料で通話することができます。しかし、電話番号をIDとするため、電話機を変えてしまえば(厳密に言えば電話番号が変わってしまえば)自分のアカウントが変わってしまいますし、パソコンなどの元々電話ではない端末では使えません。
  2. SNSアプリケーション; Twitter, Facebook, mixiなど
    今回の震災では、安否確認等にSNSが果たした役割は大きいと言われています。電話やメールなどしなくてもTwitter、Facebook、mixiの書き込みを見るだけで自分の友人が無事だということがわかるし、自分の無事も知らせることができる。
    また、Twitterなどで首相官邸の記者会見をテレビやラジオがない場所でもチェックすることができますし、色んな人の色んな意見をたちどころに確認することもできます。
    これらはリアルタイム性が高く伝播力も高いメディア故にデマも物凄い勢いで拡散されますが、その分デマの訂正情報も物凄い勢いで拡散されるので、ちょっと冷静になれば何が真実で何が真実でないかを峻別するのはそう難しいことではないように思います。
    これらのサービスは高齢者等普段からITに触れていない人々にとっては少し敷居が高いかもしれないが、もはや普通の携帯電話でもスマートフォンでもパソコンでも使えますし、家族で1アカウント作ってそこを家族用災害掲示板にするなど通常とは違った使い方も自由自在なので、これを機に慣れておくのがいいのではないでしょうか。
  3. ライブ動画配信アプリケーション; Ustream, ニコニコ動画など
    上述したSNSによる情報収集は非常にリアルタイム性が高く重宝しますが、やはりSNS経由の情報は断片的だったり局所的だったりすることも多く、また基本的にはテキストを中心とした情報になります。このため世の中の大きな動向や被災状況を、映像によって確認するといった場面ではまだまだテレビの方が適役です。しかし、外出先などではそうそうテレビも見ることができません。
    そんな時にはUstreamやニコニコ動画などのライブ動画配信サービスがとても便利です。特に今回はNHKが震災直後から放送内容をUstreamなどでリアルタイム配信していたため、海外のタクシーの中や空港の待ち時間でもNHKをチェックすることが可能でした。
    また、これらとは少し毛色の違うサービスだけれども、radikoというインターネットラジオサービスも受信地域の制限を一時的に外す措置を講じたため、場所に囚われずにラジオを視聴できることができました。(というかこういうインターネットでテレビ番組を配信するとか、ラジオの視聴可能地域の制限を外すとか、できるんだったら普段からやればいいのに。そうすれば地デジ祭りなんて不要だったはず。)

これらの他にも、助けを呼ぶための音を鳴らすアプリとか安否検索アプリなど災害対策用アプリは色々ありますが、とりあえず情報収集という観点では上記のツールが入っていればかなりの量の情報を確保することができると思います。

ただし、こんな便利なツールの欠点はやはり電源。

将来的に電気自動車が普及しガソリンスタンドの代わりに充電スタンドがいっぱい建つようになればまた話は違うかもしれませんが、現時点では被災時における携帯電話の電源確保は結構難しいと思います。
そんな時に頼りになるのが太陽光発電充電器です。

SFマンガのように「核戦争によって空は雲で覆われ日光が遮られる」的な状況にならない限り太陽エネルギーが得られないという状況は考えにくい。つまり、太陽光で充電できる仕組みがあればほぼどこにいても携帯電話を充電することが可能になります。それはつまりどこでも情報収集することが可能になることを意味します。

オススメはSANYO エネループ ポータブルソーラー ツイン SSL-SBWL3AS
1.5日で携帯電話を1.5回満充電できる程度の電力を蓄えることができます。蓄える先はeneloopのリチウムイオンバッテリーKBC-L3A。これにはUSBのポートがついているため、携帯電話のみならずデジカメやNintendo DSなどの機器も充電できるため、平常時にも大活躍です。
[tmkm-amazon]B002KFYGE4[/tmkm-amazon][tmkm-amazon]B002KFYGEE[/tmkm-amazon]
これさえあれば、どこにいてももう大丈夫……だと思います。

……実は最後の欠点はネットワークです。
携帯電話回線もWiFiもつかめない状況では確かにスマートフォンもただのガラクタもしくはゲーム機に成り下がってしまいますが、そこはWiMaxなど広域無線の技術発展を待ちましょう……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です