究極の鍛錬 (Geoff Colvin)

究極の鍛錬 (Geoff Colvin)


昔「人の能力の95%は遺伝で決まる」という話を聞いたことがあります。
これは直感的に考えると正しい気がする。
両親が医者という家庭に生まれた子供は優秀な成績を修めて医者になるケースが多いように思いますし、ACミランの象徴的存在だったパオロ・マルディーニの父親もACミランでキャプテンを務めた名プレーヤーです。
知性の高い親の下に知性の高い子が生まれ、運動能力の高い親の下に運動能力の高い子が生まれる。逆に親は成績はからっきしだけど運動能力が高い一方、子は成績優秀だが運動は全然ダメ、なんてことはあまり聞いたことがありません。(まあ人の親のことをあれこれ詮索する機会もそう多く無いからかも知れませんが。)

しかし、本書によるとどうやら才能が遺伝することはほとんどないそうです。
例えばモーツァルト。5歳にして初めて作曲したと言われる彼は生まれながらにして神童であったような伝説が数多くありますが、彼の人生や作品を具に調べてみるとどうやらそれは100%事実とも言えないようです。
また、世界的ゴルフプレーヤーであるタイガー・ウッズも同様。彼も常に自分の能力の源泉は才能ではなく「ひたすら練習することである」と述べています。
ビジネスの世界に思いを馳せるとこの主張はより納得感をますように思います。今や世界で最も素晴らしい経営者であるアップルのCEOスティーブ・ジョブズの父親(育ての親ではなく生みの親)が世界的に最も素晴らしい経営者であったという話は聞いたことがありませんし、そもそも今の時代の経営者に求められる能力がその親の世代に求められる能力と同じであることは考えにくいと思います。

この主張を裏付ける例として特に興味深いのは、自分の娘3人を全員世界的なチェスプレーヤーに育て上げたハンガリーの教育心理学者の例です。
彼は「『偉大な能力』を持つ人は生まれながらにそうなったのではなく、つくられるものだ」という見解を持っており、その持論を証明するために妻を公募し(!)、そしてその妻との間に授かった3人の娘に徹底的にチェスのトレーニングを施した。その結果、両親ともにチェスプレーヤーとしてはまったく偉大ではないにもかかわらず、3人の娘は全員世界ランカーのチェスプレーヤーに成長したそうです。
面白いのは3人の娘の中で末娘が最も強かったそうですが、それは両親が最もトレーニングを施すスキルが熟達したためだということです。
要するに、偉大な能力は決して先天的な才能に左右されるのではなく、幼少から施された質の高い教育と徹底的に行われるトレーニングの量が決め手となるということ。
こう考えると、最初に挙げた医者の例やサッカープレーヤーの例も、矛盾なく説明することができます。

もし本書が示すように才能というものが能力に占める割合が低いならば、「10年は泥のように働け」というのはあながち間違っていないのではないかと思ったりもします。ただし、ただただ「泥のように働く」のではなく、本書で語られる「究極の鍛錬」を意識すれば、の話ですが。

[amazonjs asin=”4763130366″ locale=”JP” title=”究極の鍛錬”]

3 thoughts on “究極の鍛錬 (Geoff Colvin)

  1. Shippokudo

    ただし、このような成功例の影には、多くの失敗例(完全な教育とトレーニングを積んだにもかかわらず計画通りに育たなかった)があるんだと思います。多くの成功者は先天的(遺伝)な要素(忍耐力を含む)と、後天的な環境と努力の両面が備わっているような気がします。ウッズと同じトレーニングを積み、不屈の精神があったとしても、あのバネのような身体までは手に入れる事はできませんし。

  2. KO KIMURA 木村 コウ

    先天的な親から受け継いだ「遺伝子」の問題ではなく、親が子供の為に作る「そういうプロフェッショナルな人になりうる環境」という後天的な物の方の影響の方が強いという事なんでしょうね。

  3. youyabe

    コメントありがとうございます〜。

    >Shippokudoさま
    確かに僕も「先天性の影響はゼロ」とは言い切れないと思います。
    いい例ではないかもしれませんが、身体における障害も先天性の一つですし、それを尺度を変えて見てみれば「ちょっと身体がカタイ」というのもある種の先天的障害かもしれません。と考えるとウッズの身体の柔軟性は先天性であり、それは彼の成功の一要素だろうと。
    一方、自分の生き方として「自分がこれができないのは先天性のせいである」として早々に諦めることも避けねばならぬなと思う部分もあります。その意味では先天性の影響範囲は小さい、つまり僕の人生には「先天性」という外部要因に影響される部分は少なくつまり自分は無限の可能性を持っていると「信じたい」キモチも僕の中にはあります。
    むー、論点が色々ありますね。

    >KO KIMURAさま
    僕がダンスミュージックを好きになったのは家族の影響が大きいですね。
    父も母も演歌しか聞いていなければ、まず接触の機会がなかったと思いますし、その音楽のよさを理解するのももっと遅かっただろうと思います。
    少なくともバレエやピアノなど幼少からのトレーニングが必要な分野で成功するには、やはり親の「理解」「指導」「投資」が不可欠ですね。当然本人の「努力」を前提だと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です