DiscReview: Jul. 2011

DiscReview: Jul. 2011


  1. Tiger Stripes / Spirited Away (Ko-Matsushima & Erich Logan Remix) [Nite Grooves]
    いやー、おめでたいですね。ついにここまで来ましたか。以前Kidda / Strong TogetherのリミックスでFatboy SlimのレーベルSkintからのリリースを果たしたErich Logan & Ko-Matsushimaの仲良しコンビ、今度はTiger Stripesのリミックスでかの名門レーベルKing Street SoundsのサブレーベルNite Groovesからリリースです!Nite Groovesと言えばSatoshi Tomiie & Ko Kimuranの仲良しコンビLevel 9 / Don’t Stopをはじめ、David MoralesのプロジェクトBrooklyn Friends、Cevin Fisher、Mood II Swingn、日本人ではMondo Grosso、Hiroshi Watanabeなど錚々たるメンツが名を連ねるモノホンの名門レーベル。そんなレーベルからリリースなんて本当にスゴいです。そしてそれ以上にスゴいのはそのリミックスワーク。オリジナルは2005年リリースの曲ですが、Beatportでチラリと聞いたオリジナルからは想像もつかない壮大なアンセムに仕上がっています。正直、これは友人のプロダクションであろうがなかろうが買い。最高です!
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  2. Christian Smith / Cabecudas [Bedrock Records]
    ということでもうサクちゃんコウくんの曲紹介で今月はもうお腹いっぱいなんですけど、もう少しご紹介します。最近はレーベル側の間口が広くなったのか、それとも各アーティストの作風がレーベルの雰囲気に合ってきているのかよくわかりませんが、とにかく一昔前なら「えっ?」と思うような意外なアーティストのリリースが続くBedrock。Marco BaileyやOliver LiebからVincenzoまでもが同じレーベルのアーティストってのは僕には少し意外です。で、Christian Smithもそんな意外なアーティストの一人。ただ、彼の作風は以前のバキバキテクノから最近はプログレッシブハウス寄りにシフトしてきており、その意味ではレーベルカラーは変わらず、アーティスト側が変わってきているのかも知れません。とはいえChristian Smithらしい疾走感、高揚感は変わらず。カッコいいです。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  3. Stefano Noferini / French Kiss
    またしてもこの人のトラックを紹介してしまうことに一抹の口惜しさを感じます。ここ数年のミスター金太郎飴ことStefano Noferini、最近は古い曲のカバーにご執心なのか、いくつか名曲のリミックスを作っています。これもその1つ。Lil’ Louisの名曲French KissをNoferini風に再調理してみました。French Kissと言えば特徴は2つ。反復されるシンセリフと、スローダウンするブレイクの中に響き渡るアエギ声。僕がまだ若かった時は後者の特徴はフロアで直立して聞けませんでしたが、そんなムフフな特徴は今回バッサリカット、前者の特徴にフォーカスして淡々とした機能的トラックに再構築しています。相変わらずのクオリティでカッコいいはカッコいいですが、ネタの割にフロアへの威力は大きくないかも?他にStrictly RhythmからThe Don / The Horn SongやJosh Winkの名曲Higher State Of Consciousnessのリミックスもリリースしてますのでそちらも是非。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  4. Roy Mclaren / Sidewinder [Recovery Houes]
    リリースの数は少ないがクオリティ高いカッコいいトラックを作るRoy Mclaren。”The Realms Of Music”は押しも押されぬ名曲だと思うし、”Movements”や”Overpowered”、808 StateのカバーであるGooding & Doman / Pacific Stateなど、どれもカッコいい。そんなRoy Mclarenの久々のリリースがこれ。所謂プログレッシブハウスと言ってしまえばそれまでだし、展開も非常にオーソドックスなものではあるけれども、キックやシンセの音色それぞれがカッコよくてやっぱりついつい踊らされてしまう。Roy Mclaren、大好きです。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  5. Andre Lodemann / Riven Reminiscences [Freerange Records]
    毎月1曲は絶対にレビューしている感のあるFreerange勢。Freerange勢というよりかはFreerange系の音。今月はこの曲。大好きなAndre LodemannのNEWがFreerangeからリリースです。今回は久々のオリジナル曲2曲のリリースですが、当然ながらどちらも買い。でもオススメはRiven Reminiscencesの方。ブレイクのシンセのメロディーライン、ちょっと解像度が低そうな音の感じ、うーん素晴らしい。ビルドアップの時間帯でもパーティのシメでもどちらでも使えそう。さすがAndre!って感じの1曲です。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  6. Audiofly feat. Fiora / 6 Degrees (Booka Shade Remix) [Get Physical Music]
    いかにもGet Physical!なメンバーでお届けする硬派なトラックモノ。僕がAudioflyを知ったきっかけはSAW.RECORDINGSからのリリースでしたが、その前にGet Physicalから結構リリースしていたのを知ったのは少し後のこと。今では彼らがSAWからリリースしたのがちょっと意外なくらいです。さて、本作はそんなGet PhysicalのボスBooka Shadeによるリミックス。前半はちょいとディープ目な感じで淡々と進行していくものの、中盤から急にキックの音圧が上がってカッコよくなるのが特徴的。フロアが沸く様子が目に浮かびます。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  7. Agaric / No Way I Know I Feel (Axel Boman Remix)
    恐らく一般的に売れてるのは同梱されている”Who Made Up The Rules” (Josh Wink Remix)の方だと思いますが。確かにJosh Winkの方も疾走感溢れるテクノトラックで非常にカッコいいのですが、こちらは全然別モノ。Nu Discoです。Nu Discoの中で僕が大大大好きなのはMatthew Dear / “Elementary Lover” (DJ Koze Remix)なのですが、本作はそれに非常によく似たユルユルNu Disco。パーティのオープニング、もしくはシメに最適なホンワカトラックです。いい気持ち。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  8. Calibre / Even If [Signature]
    今週のDrum n Bass。これ本当に最高。最近Drum n Bassは毎月毎週のように名曲がリリースされているような気がします。そのどれもが秀逸なメロディーとアガる展開の双方を完備。これはどちらかというとアゲというよりはユルい方に分類されると思うのですが、全編に渡って鳴り響くストリングスの美しい調べ、男性ボーカルのけだるく心地よい歌声、そしてオーソドックスなリズムトラック。IbizaのCafe Mamboで日没を見ながら緩やかに聞く系のDrum n Bassです。オススメ。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

  9. London Elektricity / Yikes! Remixes!! [Hospital Records]
    時々上で紹介したCalibre / “Even IF”などの例外はありますが、Drum n Bassを聞くならばHospital Recordsを押さえとけばまず間違いないと思います。今月はレーベルのボスであるLondon Elektricityのリミックスアルバムがリリースされ、そのため大量に良質な楽曲がリリース。正直どの曲もオススメですが、個人的に大好きなのは以前レビューした”Meteorites” (Danny Byrd Remix)に加え、”The Plan That Cannot Fail” (Logistics Remix)、”Invisible Worlds” (B-Complex Remix)、”Elektricity Will Keep Me Warm” (S.P.Y. Remix)あたり。最近ようやくDrum n Bassの所有曲数が200曲を超えてきました。DJしたくてウズウズします。
    Go to Beatport.com Get These Tracks Add This Player

2 thoughts on “DiscReview: Jul. 2011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です